絵を見てもらうのではく、絵を描くところを見てもらう。それが、マドンナーロの仕事なのだそうだ。

この日、ちょうど一枚の絵を最初からとりかかるところだった。よかった。これなら絵が立ち上がっていくところをまた体験できる。

描き始めると通行人が足を止め物珍しげにのぞき込む。すっごぃ、という感嘆がそこかしこから聞こえてくる。

描く姿をデジカメで撮影してみたファイルを並べてみます。
ファイルが欲しいという方がいらっしゃるからです。
YouTubeにアップロードするほうがずっと面倒がないのですが、flvというファイル形式では嫌だという人もいるかもしれません。

そこで、無理を承知でQuickTimeのファイルを置いてみます。
どれもこれもダウンリンクするのに数分〜数十分かかりますので、ご注意ください。
一つクリックしたら、まぁ、シャワーを浴びるくらいの時間はかかるでしょう。

2006年8月 東京中央区のトルナーレ日本橋浜町にて

ico.jpg111.6MBico.jpg159.6MBico.jpg232.1MBico.jpg115.5MB

2008年3月 京都駅地下街ポルタにて

ico.jpg56.9MBico.jpg75.7MBico.jpg112.6MBico.jpg174.2MBico.jpg92.7MB

2010/07/08

マドンナーロさんについて、TV番組制作会社が取材されているようです。

「描いている映像、ありませんか?」

そんな問い合せがあったので、もう4年も前のファイルを引っ張りしてみた。
デジカメでとったものだけど、マドンナーロさんの活動を「結果的に」後押しできればいいな。

ただ、やっぱり画像はYouTubeにアップしないといけないなぁ。

こういうパフォーマンスを見るのは気持ちがいい。健康的な気がする。
マドンナーロさんの描く姿、またどこかで見ることもあるだろうな。