OpenBLAS on OpenBSD

2017-01-22 計算機メモ

簡単にはいかない.簡単にはインストール出来なかった.
ぼくの知識が足りないということもあるのだけど,ともかくBlasは使いたいのでなんとかインストールしてみた.

通常はパッチを準備することを考えるのだろうけど,面倒なのででればいいや,という方針をとった.
やることは3点あった.

(1)gfortranを使えるようにする.
portsからインストールした.
make すれば全部インストールされるのかと考えていたが違うようで,コンパイラーを選ぶようだ.

cd /usr/ports/lang/gcc/4.9.4
for i in f95 c++ go objc;
do SUBPACKAGE="-$i" make install
done

ここで,一応ldconfigが必要かもしれないのでやっておく.
sudo ldconfig -R /usr/local/libexec/gcc/x86_64-unknown-openbsd6.0/4.9.4/

(2)common.hに定義を追加

ほんとならこんな方法はインチキなのだが,ともかくOpenBSDがFreeBSDとして
認識されるようにしてしまう.
makeから渡すオプションだと上書きされる可能性があるので,直書きしちゃう.

OpenBLASのルートディレクトリにあったcommon.h に
#define OS_NETBSD
#define OS_FREEBSD
#define OSNAME FreeBSD

としてしまった.
FREEBSDだけでいいようにも思うが,NETBSDもいれておいた.

(3)コンパイラを設定してmakeする
(1)でインストールしたコンパイラを選択し,なおかつ新しいCPUの命令を諦める.

gmake CC=egcc FC=egfortran NO_AVX=1 NO_AVX2=1 all

かなり強引な方法だけが,結果的にこうなった.

...
END OF TESTS
gmake[1]: ディレクトリ '/home/ton/Develop/lib/OpenBLAS-0.2.19/ctest' から出ます
gmake[1]: ディレクトリ '/home/ton/Develop/lib/OpenBLAS-0.2.19/exports' に入ります
egcc -O2 -DMAX_STACK_ALLOC=2048 -DEXPRECISION -m128bit-long-double -Wall -m64 -DF_INTERFACE_GFORT -fPIC -DNO_AVX -DNO_AVX2 -DSMP_SERVER -DNO_WARMUP -DMAX_CPU_NUMBER=2 -DASMNAME= -DASMFNAME=_ -DNAME=_ -DCNAME= -DCHAR_NAME=\"_\" -DCHAR_CNAME=\"\" -DNO_AFFINITY -I.. -shared -o ../libopenblas_nehalemp-r0.2.19.so \
-Wl,--whole-archive ../libopenblas_nehalemp-r0.2.19.a -Wl,--no-whole-archive \
-L/usr/local/lib/gcc/x86_64-unknown-openbsd6.0/4.9.4 -L/usr/local/lib/gcc/x86_64-unknown-openbsd6.0/4.9.4/../../.. -lgfortran -lm -lquadmath -lm -lc -lpthread -lgfortran -lpthread -lgfortran
egcc -O2 -DMAX_STACK_ALLOC=2048 -DEXPRECISION -m128bit-long-double -Wall -m64 -DF_INTERFACE_GFORT -fPIC -DNO_AVX -DNO_AVX2 -DSMP_SERVER -DNO_WARMUP -DMAX_CPU_NUMBER=2 -DASMNAME= -DASMFNAME=_ -DNAME=_ -DCNAME= -DCHAR_NAME=\"_\" -DCHAR_CNAME=\"\" -DNO_AFFINITY -I.. -w -o linktest linktest.c ../libopenblas_nehalemp-r0.2.19.so -L/usr/local/lib/gcc/x86_64-unknown-openbsd6.0/4.9.4 -L/usr/local/lib/gcc/x86_64-unknown-openbsd6.0/4.9.4/../../.. -lgfortran -lm -lquadmath -lm -lc && echo OK.
OK.
rm -f linktest
echo libopenblas_nehalemp-r0.2.19.so
libopenblas_nehalemp-r0.2.19.so
gmake[1]: ディレクトリ '/home/ton/Develop/lib/OpenBLAS-0.2.19/exports' から出ます

OpenBLAS build complete. (BLAS CBLAS LAPACK LAPACKE)

OS ... FreeBSD
Architecture ... x86_64
BINARY ... 64bit
C compiler ... GCC (command line : egcc)
Fortran compiler ... GFORTRAN (command line : egfortran)
Library Name ... libopenblas_nehalemp-r0.2.19.a (Multi threaded; Max num-threads is 2)

To install the library, you can run "make PREFIX=/path/to/your/installation install".

[open:~/Develop/lib/OpenBLAS-0.2.19] ton%

おおお.
これで/usr/local/openblas/libをldconfigしておけばいい.

これがほんとにうごくのか.LAPACKも必要だ.

同時にATLASも入れてみてが,これはまだ苦戦中.

E460について

2017-01-15 計算機メモ

ThinkpadのE460を昨年のGWに購入した.その後うまいことOSをインストールできず,またインストール後の動作速度も遅かったため,これまでほとんど使わないできた.年末から「これじゃなぁ」と思って心機一転巻なおしで作業をしたところ,なんとか使えるPCにまでもってこれた.

まずOSをOpenBSDにした.そのときは最新のRELEASE版をつかったのだが,今考えるとこれが不味かったようだ.無線LANはiwm0をつかっているのだが,これが「猛烈に遅い」.いや,無線LANが遅かったのかpkg_addしたchromiumが遅かったのかわからないが,とにかくChromeでページを閲覧することが不可能なくらい動作速度が遅かった.

ブラウザがないと使えない.しかしそれはそのPCを使うかどうかの判断であって,なんとか動作するようになったとしても遅かったら実用品ではない.

通常ならここでWindowsに戻すか,Ubuntuなど調整が聞いたOSに変更するか,あるいはおとなしくFreeBSDにするかという対処とる.が,このE460はとくにこれといって使う目的が決まっていなかったので,OpenBSDをほそぼそと調整していけばいいかなと思いつつ放っておいた.

E460は価格が安いPCだけに筐体も大きく重い.これよりもっと古いThinkPadも持っているが,そちらは本当に「遅い」からだんだん敬遠するようになったのだが,こちらのPCはcore i-3だし,メモリも8Gあるし,SSDにしてあるので,遅くてダメということはない.ただ,OpenBSDだと必ずしも適切なドライバがあるわけではないので,全体としての使い勝手が悪い.そういう意味で敬遠してしまっていた.

古いPCを使おうという気分がしてきたが,これが歳をとった証拠だろうと思う.若い頃は自分の身につけるものは最新でなければならない,という強迫観念に晒されていた.なにを使っているか自体が自分のセンスなり格なりを表現していると考えてしまいがちだった.だから,PCは常に最新を操る必要があるという妄想にかられていた.

おおくの人にとって,それは普通のことだと思う.だから利用用途がなにかとは別に,できるだけ「いいもの」をつかって,それを使っている様子をまわりの人に見せて,「あぁ,なるほどな」と「思われたい」と思ってしまっていた.

その感覚が今ではゼロになったとは言えないが,何かを購入するときの選択過程ではかならず外部からの視点というものを入れてしまっていた.歳をとって良かったと思えることの一つだ.だからのE460は少し無理してでも使っていきたい.

愛用品になるための条件

2017-01-15 おしゃべり

武田邦彦さんの本だったか,愛用品になるための十ヶ条というものがあった.どんな道具であっても,それが高価であってもプレゼンとであっても,愛用品というものになり得るかどうかには条件があるというものだ.全部は覚えていないが,磨けば光ること,修理できること,ということがあった.これは要するに,自分である程度手入れができるということだと思う.

PCについてある程度知識があれば,ノートPCも愛用品とすることができると思っている.とくに,自分が何らかの「工夫」を入れることができ,それで使い勝手が向上したなど,その道具が自分の創意工夫を受け入れる余地があるかどうかは,その道具を長く愛用できるかどうかを決める要素であるはずだ.

今回,まったく使い物にならないタッチパッドを自分の創意工夫で改良し,その結果道具が劇的に使い安くなったという経験をした.そして,この工夫がこのPCを間違いなく「愛用品」となるべく道を開いたと思っている.工夫によって道具その物に「愛着」が湧いてしまったのだ.

自分が工夫する.それが受け入れられ,そのために「良くなった」ということがはっきりと分かる.この経験は実に大切なものだと心底納得した.大事なのは自分とものとの関わり合いなのだ.買ってきて使う,というだけでは絶対に生じない関係が「愛着」なんだなと理解した.

この感情をもっていると,それだけで幸せな気分になる.だから,そういうものを今後は増やしたいと考えるのは当然.そのためには,なるべく道具を大事にし,なるべく工夫でなんとかするようにすればいい.これは,上手な生き方の一つなんだろうと思っている.

高価なノートPCはもう必要ない

2017-01-15 おしゃべり

どうせ買うならハイスペックのノートPCがいいと考えていたが,どういうわけか今はそんな気がしなくなっている.歳をとるとはこういうことなのかもしれない.

新しいMacBookProはいろいろと問題がありそうだから,ということが理由なわけではなく,お金が厳しいからということが決定的な理由でもなく,欲しいという意欲がなくなったのだ.

多くの場合だが,新しいPCの対する需要というものは本当は高くなく,大抵は最新の(あるいはかっこいい)PCを操っている自分に憧れて,ある種の装飾品として買うという動機があるものであって,歳をとるとそういう気分が消えてなくなる.だから買わなくなる.

では安いPCを買うのか.そう,安いのでよい.それではWindowsがきちんと動かないではないかという心配があると思うが,Windowsは使わないので,これよいのだ.

しかし,それで問題がないということはなく,BSD系のOSを使ったら大抵は苦労が多い.一昔よりもはるかに高速に動作するPCなのに,なんでこんなに使い勝手が悪いのだろうと,呪いたくなることがずっと続く.

現在格安で使ったThinkpadのE460を使っている.OSはOpenBSDだ.ここで苦労したものを2つだけメモしておきたい.

一つはWIFIで,どういうわけかAirMacで認識されなかったのだが,実に簡単な理由があった.それは,AirMac側で「ステルス」にしていたのだが,どういうわけかステルスモードではつなげなかった.どうせMACで接続を絞っていることもあり,ESSIDを公開にしたらあっさりとつながった.11nであれば2Gも5Gも使える.

もう一つはタッチパッド.E460はBIOSでタッチパッドの無効化ができない.dmesgで確認すると,wsmouse0としてpms(PSマウス)として接続されている.アキュポインタとタッチパッドが一緒になってつながっており,synaticsとしては認識されていない.ドライバがでているわけもなく,OpenBSDでFirmwareに含まれることもないだろう.

こうなるとタッチパッドだけOFFにすることができない.外付けマウスをつけるよりなくなる(それで解決する方法はネットにでている).しかし,せっかくノートを使っているのでわざわざマウスを持ち歩きたくない.何とかならないものかと2日ほど考えていたが,解決方法を見つけた.

かなりアナログな方法だが,タッチパッドの感度領域を狭めてしまうことだ.具体的には,キーボード入力をしているときにうっかり触ってしまう領域は親指の付け根に近い部分なので,その近傍を「名刺などのちょっとした厚紙を貼り付けしまう」のだ.これでタッチパッドのある部分を感度をなくすことができる.

厚めのテープをはってたのだが,それではダメだった.ある程度の厚さをもった紙が良い.ぼくはこんな感じで試した.

試しに紙をテープでつけてあるだけだが,絶大な効果がある.こうしてブログのために文字入力することは,この紙なしには「不可能」だったのに,こんな簡単なことで「まったく問題ない」と言いきれるようになった.

PCは気分良く使えれば良いのであって,プログラムで解決するという話でもなかったのだ.見た目を気にすることもあるので,もうちょっとマシな貼り付け方を工夫していけば良い.

方法はいくらでもあるものだな.そうしみじみ思っている.なにかないかなと考え続けると,なんとかなるものだな.

結局,と思うのだけど,タッチパッドをOFFできないからといってプログラム的に諦めるのはバカらしいわけだ.PCの問題はPC内部で解決するのは筋で,そのみちの人はそうすることに全力を傾けるべきだと思う.

その一方で,エンドユーザーは「何をどう使おうと,そんなの一切かんけーない」という態度で問題解決を図ることは推奨されるべきなんだ.言ってみればだけど,生きるためにどうするのか?というレベルにまで問いを格上げしたらいいんだ.それは「たかがPCの不便さ」であっても,「これがないと死んじゃうよ」というものとして考えれば,大抵のことには答えをくだせるのではないだろうか.

もっと真剣に生きてみるかなと,まったく関係ないにもかかわらず元気になってきた.

どうして長くともまとまった内容の文章がかけるんだろう

2016-12-29 おしゃべり

読み応えのある文章は面白い。知らないことがあり、読んでいるうちに人に説明したくなるようにわかり、何より長いのに長く感じない。文章を作る芸に秀でていると感心する。素朴な感想だけど、なんでまたそんなことが出来るんだろうな、と羨ましくなる。

文章が上手い人に対する憧れは、絵が上手い人に対する羨望であり、楽器を使える人に対する尊敬であり、なんでそんなことが出来るのだろうかという謎、こういうものが混ざった感情に近い。そのどれもは自分には無い能力なので、持っている人の気分をさっぱり想像出来ない。

こうして考えていることを言葉に変換しているが、なんとかひねり出した文章をみて、これ以上は言うことはないと思ったところで短いものしか書けない。それは書くことに対しての思索量が少なく、簡単にいえば内容がないからだと理解している。

だから、どうして深く広く思索できるのだろうか、という馬鹿みたいな疑問をもつ。思索できるできないは生まれつきなところがあるのだろうか?努力しても無駄なんだろうか?

なんとも情けないことだが、ぼくにはわからない。ホント、日暮れて道遠し。

年末になって、去年と同じことをまた考える

2016-12-28 おしゃべり

この時期になるとどういうわけかやろうかなと思う企画が湧いてくる。持て余しているウェブサイトのコンテンツについて。一応あるからということでサーバが動いているが結局意味のあるものがないのが気なっている。もう10年以上そう思っているので、多分もうダメなんだろうとは薄々思っているが、まだ生きているので飽きずに今年も模索する。

考えたことを言葉にする。ともかくこれを習慣化する。言葉にさえしておけば、自分が何を考えたのか具体的に検証できるのだから。良い悪いの感情的な記憶ではなく内容の記録なので、時間が経ってからでも十分に自分で検証できる。これが重要なのであきらめきれず細々と続けている。

こういう動機で書かれたものをエッセイと呼ぶにかどうかはわからないが、ぼくではとても枕草子のようにはならないのだし、徒然草のような境地に達することも無いまま死ぬだろうから、贅沢言わず分相応のブログを付け続けれるよりない。

それにしても「あるある」ネタでおしている枕草子を読むと、これが千年前にかかれたとは思えない。細かいところはいろいろ違うが、本筋としてトレンディーなテレビドラマにでてくる女性のキャラとして今でも普通に通用している、というか探せばいるだろう。こういう息の長いキャラクターには世界性があるのか、それとも日本的なのか興味がある。

最近の情報を記録したエッセイは半年後からその価値が劣化しはじめ、3年経つと歴史的な資料になってしまう。10年立って読み返しても、ノスタルジアを思い起こさせるものでしかない。しかし、人についての記録は、それがいきいきしたまま文章に封じ込めることに成功すれば、1000年というスケールでも色褪せることがない。別に立派なことをいう必要すらない。

書こうと思って書かないことで枕草子のようなエッセイが実現できたのだろうか。読者を想定したのだろうか。どういう形で読まれていたのだろうか。どんな興味や教養をもった読者層だったのだろうか。いろいろと気になる。

 

身の丈に合わないことは

2016-12-27 おしゃべり

身の丈位合わないことはしないほうがいいと言われるが、それは本当だ。歳をとってやっとわかった、というか実感した。「身の丈」には能力だけでなく、育ち、家柄のような、自分にはどうにもならない歴史のようなものも含まれる。およそ世の中にある面倒なものをひっくるめ、分を知ることが最も快適に時間を過ごせるコツなんだ。

こんなことをいえば若い人から反論されるし、自分が若い頃でも白眼視しただろうなと思う。が、そうは言っても人の社会という、あるいは日本社会という枠の中でぼくは生きてるわけで、そこは理想郷ではないのだから、現実的な身のこなしを知っておくほうが結果的に不幸にならなくてすむはずだろう。

勘違いされたくないのは、奴隷に生まれたら奴隷でいろ、という話とは違うこと。というのは、身分制度は物理とは違うから、そんなもので我が身を粉飾し続ける必要はない。問題は、自分がそう行動することではない。相手に自分を認めさせることはやめたほうがいい、ということだ。

背が低いとか、子供の時に何をしたとか、そういうことは自分の好きには出来ない。過去のことはどうすることもできない。そしてそれらは事実なんだから、どうにかしようと頑張ってもあまり効果がない。

一方で、すごい人に自分もなりたいとか、仲間に入りたいとかは、事実をどうこうとは違って他人から見た印象であって、だから他人の意思次第。人の感じ方を自分の思うように変えること出来ない。何をどうやろうと実際問題影響しないのでやるだけ無駄だ。

だからですね、他人のことはほっておくよりない。

職場での人の群れ型を見ていると、はっきりとその人の所属している社会を反映していて、人ってこういう動物なんだなとはっきりとわかる。それで、改めてそういう生き物だなと悟ったのだった。

自分がいる隙間について

2016-12-27 おしゃべり

朝目覚めると、腰を痛めていることに気がついた。起き上がれない、体を曲げると激痛。

なんだ、何が起きたんだ?夜中にトイレに行った時はなんともなかった。昨日もその前も運動してないし、大掃除もしていない。筋肉痛になる理由はない。全くおかしなことだ、と疑問と不安と同時にさいなまれた。

動かなくなってみて初めて、どうやら俺にも身体があるようだと気付く。どう言うわけか、俺も死ぬべき生命だったなと、やけに広い視野で自分をとらえる。どうした、そんなに修行など積んでおらんぞ、と思うが、そう言うことを実感したのだから仕方がない。

腰がいたい。上半身は結構重いし、それを腰で支えているのだなと改めて感じる。こうして書いていて思うが、全く当たり前じゃないか。こう言う文章そのものがステレオタイプなんだよな、と思いつつ、ステレオタイプな表現をする。そうするよりないんだよな、と。

俺って、自分の身体のある場所に存在するのだなと実感する。背中とお腹の間の、わずかな隙間に「いる」わけか。自我というと随分と分厚いものに思えるけど、うっすいものなんだなぁ。

腰が痛いだけでいろんなことを悟ったような気分だ。

自慢したがりがエッセイを書くということらしい

2016-12-25 おしゃべり

先日、徒然草の現代語訳についてのトークショーを聞きに行ったら、その中で、エッセイというものは基本的に自慢なんだ、という発言があって少し驚いた。

自慢なのか、エッセイは。ぼくもこうしてエッセイというレベルのものではないが、自分の気晴らしのためにブログをつけている。果たしてこれは自慢のために書いているんだろうか。なんだか不安になってくる。

誰だってそうだと思うが、人に自慢されるのは嫌なものだし、だから自慢もしないように生活しているつもりだったが、こうしてブログをつけることが人に自慢を伝えることが影の目的なのだとしたら、自らの戒めが「ザル」だったことになる。なんとも反省をしないといけない。

言葉にして人に語りたい。そう思うのはどういうときなのか。たいていは「ねぇ、聞いて聞いてよ」が動機になっているのは確かだ。でも、それは自慢というよりグチかもしれない。あるいは、すごいもの見ちゃった、というゴシップかもしれない。自慢はどちらかといえば少ないように思うのだけど。

では、どういう時人に何かを伝えたいと思うのだろう。それを聞いた人が驚く場面を想像するからだろう。一刻も早くそうさせたい。こんな具合に、情報伝達の素朴な動機は人のに変化を与えることだ。

一方で自慢話は、ヘェ〜と言わせることで、人から尊敬されたいことが動機だ。人の頭の中にある自分の像を立派にすることだ。人ではなく自分の像を変えることが目的だ。

でも、ちょっと考えると、エッセイも自慢話も、どうでもいいことを伝えていることに違いはない。そして、どっちもあえて人に言わなくてもいいいいのにいう。その理由は、媒介者としての自分の存在を人に再確認してもらいたいという希望の表れなんだろうな。急に自分のやっていることがバカくさく思えてきた。

春菊が好きなように、共栄堂も好きになるのかも

2016-12-08 おしゃべり

エチオピアや共栄堂のカレーを全く美味しく思えないでいる。どうしてこれが神保町を代表するカレーなのか、さっぱりだという疑問を持っていた。が、これについては解決したと思っている。

共栄堂のカレーに旨味はない。そも意味では美味しいとは言えない。だからダメなカレーかと言えば、そうではない。そう、気がついた。

言葉の意味を正確に捉えていなかったのだ。美味しいとは旨味が多いということだけではない。

寒い冬には湯豆腐が美味しくなる。豆腐と出汁醤油が美味い。タラもホクホク惜しいし。そして綺麗な緑色の春菊。京都のものなら最高だ。春菊って、鍋にはよくあって、美味しいよね。

そう、この意味での美味しいには、旨味が多いということを意味しているのだろうか?

それはない。春菊には旨味はない。でも、出汁醤油で食べると、美味しいとしか言えない。そして、美味しいの使い方は間違っていないだろう。

そうなんだ、共栄堂のカレーは湯豆腐の春菊の意味での、美味しい、という意味なのではないだろうか?