ずいぶんと長いことWindowsupdateがはじまらない状態が続き,なんにもしてないのにCPUロードが50%動くという状態が続いていた.このノート,もう使えないのか?と思っていたが,とくに何もしないでいた.

今週末,ウエブで調べてなんとか解決することができた.Core2Duoの時代の古いノートなのだけど,普通に使う分には遜色はないので,なんとか直したいと思っていた.1年以上この状態が続いていたが,今日から現役復帰ができる状態になった.大変うれしい.古いノートで,しかもまだ使えるものにはある種の「愛着」が湧いてくる.現役復帰できるようになって良かった.

明日,早速8GBまでメモリを増設し,OFFICEも入れちゃうかな.EmacsもTeXも入れてあるが,なんだかんだ言ってWORDがないと不便な思いをすることもあるが,安くライセンスを購入できるならばその選択肢はありだろう.

これまでwindowsupdateが動作し始めなかった理由は結局わからない.だが,SP1からの差分アップデートのファイルが存在することを知ったので,それを当ててみたことが功を奏した.なにかがこわれていたのだと思うが,とりあえず再インストール以外の方法で復帰できたことを喜ぶ.よかった.

それにしても,日々の小さな問題についてGoogleは本当に助けてくれる.昔だったらお手上げだったろう.今後もGoogleを使いつづけられるのか,それはちょっとわからないが,ぼくが現役の間は動いてて欲しい.まぁ,なくなったらなくなって世界は混乱するだろうし,そのときはないものはないなりに工夫するよりないけど.