月別: 2018年1月

行き詰まる前に場を変える

2018-01-03 おしゃべり

なんかうまくいかないなぁ、と思ってしまったらすでに「うまくいっていない」状態の中に浸かっているのだと思ったほうが良い。「前」へ進むのが実はダメにしても、いま来たばかりの「後ろ」にはまだ道が残っていて、回れ右してその道を戻ろうと思えば戻れるのだよと心を落ち着かせ、ともかくも手探りで「前」へ進んでいるのだ、と思っているかもしれない。そんな妄想をするようでは、いやいやたった今来た道でさえも雑草に覆われ「どこから来た、もうかがわからない」ことになっているのだよ。言っていること、わかりますかね?

自分の置かれた場所が良いか悪いか探っている状態を考えるに、どんなだかを感じようと思っているという段階で「何かがあるぞ」と思っているから探っているわけで、ならばそのセンサの感度を上げる前の段階で何かを感じているのだと思ったほうがよい。それは意識できないレベルではすでに明確に危険な状態だというシグナルを発しており、ならばその段階ですでに自分は「問題の只中にいる」はずだ。つまりはそういうことだ。

逆に言えば、そもそも「感じよう」という感覚をすます行動を起こす発想がない段階では、まだなんの問題にも囲われていない。「感じようかな、探ってみようかな」と思いもしない状態あれば、どこへ行こうか何をしようかを自由にものを考えられているわけだ。年末はあれをやって正月はここへ行ってこうしよう、という具合に楽しく予定を妄想しているのならば思考の自由度が確保されている。この状態にあるなら、過去も未来も大変見通しがよく、物事を「よく」見られるわけで、だから大した失敗もなく、ただ生きているだけで楽しさを感じられるわけだ。

なんでまたそんな抽象的なことを言い出したのか。年末はとくに何もすることなくニュースを見て、SNSを見て、とやっているわけですが、それだけでずいぶんと「憂鬱」な気分になるわけです。世間では「全く問題ないよん」と思っている人が大勢いるんでしょうけど、今の政権がやっていることや東京都の問題になっていることへの対応具合をニュースから判断すれば、「大丈夫だろう」なんて夢にも思えず、むしろ「こりゃだめだろうけど、具体的に自分はどういう被害に合う可能性があるのか、そうなった場合は大丈夫か、できればそれに巻き込まれないよう逃げる道はないのか」などと自動的につらつらと連想している自分に気づくわけで、決して「清々しいお正月」という気分にはなれるわけがない。要するに、嫌な気分になってしまう。

自分でできることはほとんどなく、いわゆる正攻法での対応(選挙で投票する)などは実施意味がないことは重々承知してて、なおかつおかしなメディアからは遠ざかることをしているわけだが、それで「物事の推移が良い方向に変わる」ことはまったくない。全くないと思っていても活動家でもないし、SNSでぐちぐち言っててなんとかなるとも思っていない。そう、ある意味何もしていない。全く困ったものだと思っているだけで、なんの意味もないよな。そう思っている。

今から何かを始めても有効な解決方法にはなりえない。だから、まぁ月の満ち欠けだと思って、眺めるより無い気がしている。自分が置かれた場所についても同じで、まぁしょうがない、なんとか「工夫」するよりないだろう。

とまぁ、年末年始の長い休みを終えつつ、あるいみ曇天の見通しについてそう感じた。

さて,今年やれそうなことは

2018-01-01 おしゃべり

一年の計は元旦にあり.まぁそうだろうと思うので,何をやってみようか考えてみる.

もちろん考えるだけであって実行可能な計画とまでは行けないが,可能なものは実行予定に登録してしまうといい.

例えば,旅行に行くのならば宿を予約するとか(あとでキャンセルできるし),能力を身につけるならば具体的な作業日を予定表に書き込み必要なものをアマゾンで買ってしまうとか.なんにせよ経済的なことを先に動かしてしまえば「買っちゃったからやるよりない」的な意味での「外圧」が自分にかかるので,しぶしぶであっても能力向上訓練を始める可能性があるわけだ.もちろん,そうならないで単なる無駄遣いで終わる可能性も決して低くはない.自分がどっちに転びやすいか,数年ほど過去を遡ってみればわかるだろう.

そしてぼくの場合,仕事のことはさておき,まずは本読みに多くの時間を当てるよう努力すること.冊数をこなすために早く読んでも楽しくないのでぼくはゆっくり読む派なのだが,それだと買う本と読む本のバランスが取れず,買った本が食卓テーブルの上に積み上がり,テーブルでご飯が食べられなくなる恐れが現実化して困っている.ともかく買う本と読む本とのバランスを真剣になって本屋に行けばいいだけだ.とはいえぼくには道楽が少ないことと,本を買うことはいかなる場合でも善であると信じているので,このバランスはとれそうもない.このまま一年様子をみるつづけることにする.

次に,まともな文章を書けるようになるための精進をすること.もうおじさんなので「文章が好きだからそれを生業にする」ということとは異なり,メールにせよ論文にせよ文章を書く機会は日々の生活のレベルで極めて多く,相手にきちんと意図を伝えることができ,かつ面白いと思わせる文章を書くことができたら,これは生きやすい世の中になるからだ.文章が上手いなることは素晴らしいスマホや車を手に入れる以上のことであり,「それがなくても死なないが,あったほうが生きていく上で便利だし,しかも楽しいぞ」と知っている.そういう道具として文章作成能力をつけたい.とはいえ,先生について勉強するわけでもなく,どうやっていいのか未だにわからないけど,自分なりの努力が可能な生活ができているのならばやりつづけるべし.

今年はこれに加え,しばらく使っていない写真撮影を自分の能力に加えてみたい.町中では大きなデジタルカメラをもった中高年のおじさんを見かけるが,ぼくもあれをやってみたい.道具はなんでもよく,だからこれまで買ったカメラでよいし,足りないものは中古で揃えればく,たいして費用はかからないはずで,要するに時間と機会をどれだけ確保できるのかが問題になる.実際に「写真おじさん」をやってみると,町中でレンズキャップを外して写真をとる行為は「こっ恥ずかしい」が,これもやっているうちに慣れる(恥ずかしさが麻痺する)はずだから,ともかく休日で街歩きするときはカメラを肩下から掛けることにする(使わなくても良く,カメラがないと不安に思うくらいになればいい).

本,文章,写真と3点の能力向上を目標としたが,じつに月並みで凡庸な目標である.でも,それは悪いことではないだろう.多くの世の中のおじさんがこれらをやろうとしているには理由があるはずだから.世の中のおじさんは「それで目立ちたい」という理由でやっているはずがなく,これら3点は「それ自体が面白い」ことをおじさんたちは知っているからだ.とぼくは推測している.本の面白さを本を読まない人に伝える方法はない.なのでやってみるよりない.やってみてもすぐに結果がでるわけでもない.若者層に流行ることは「すぐに結果がでる」もののはずで,だからおじさんになってからやっても面白くないだろう.おじさんは人生の残り時間を意識しているが,それは安直なものを求める気分にはつながらない.すぐに結果ができないことをやる面白さをっている.

こんなことをぼやぼや考えつつiPadで新聞をみた.ぼくは3紙購読しているが,その3紙ともに塩野七生さんが写った新潮の広告を掲載していた.これである.

おお,これは新年早々なんだか幸運に恵まれた感がある.年末に出版されたギリシャ人3は,どの書店でも取扱量が少なく,以前はどの本屋でもボリューム陳列だったのに比較して今は平台1フェースのみだから,ずいぶんと読む人が減ったので残念か気分がした.おじさん世代が読まないのが悪いのだが,おじさんがこのような本を読まないで一体何を読むのだろうかと疑問にはなる.

さて,何が書いてあるのかと覗いてみる.ふむふむ.

そうですよね,本は良いですよねという広告である.広告というよりも啓蒙かもしれない.こういう方の言葉は身体に染み入るわけで,ぼくもギリシャ人3を今日から読み始めます,はい.

本好きになる人は必ずそのきっかけがあったはずだ.子供の頃にそのきっかけを持てた人は幸せで,青年期であっても問題はないし,別にいくつになっても「結果的にもてればいい」のである.もちろん,その対象が本でないだけで,別のものに持てればそれはそれでいいのだけど.本が経済的な点でも,肌身離さず持てるという意味でも,だから座右の書というものが持てれば人生を渡っていくときに実に心強い.

ぼくの場合は,大学浪人していたときに近所の古本屋で買った森本哲郎の『ことばへの旅』のセットであった.スカイツリーがある押上には踏切があって,その踏切のたもとに小さな古本屋があった.本など高校卒業するまでろくに読まなかったのだが,浪人時代はずっと家にいて,だから暇だったからか新潮の文庫本を読み始めた.「本もいいな」と思うようになった頃,近所に古本屋などあったのかと知って初めて入ったときだった.その店で紐で縛ってあった角川文庫の『ことばへの旅』の全巻セットをどういうわけか買い,それを読んでびっくりしたのだ.なんだよ,本というのはこんなにスゴイものだったのか,と.

塩野七生さんのローマ人は,大学の学部の頃に大学生協で平積みされていたものをはっきり覚えている.平台の位置の場所まで映像として記憶している.あの頃から始まり,そしていま完結したわけだ.ずいぶんと長い旅だったよなと感嘆する.気づけばぼくの人生の中心時代を塩野七生の出版は全部カバーしているわけだ.初めの頃は青年で,中盤は新人社員で,後半は中堅社員で,ローマ人以後はベテランと呼ばれる領域にいることになる(実際はサラリーマンでははないので,そういう区分けが全くぼくには適用できないのだが).特定の巻を読めば,その頃の自分の関心事を思い出すようだ.

今朝の朝刊は,この新潮の広告のおかげでいろいろと明るい,そして初心に近い気分になれた.

さぁ,一年頑張るかなと.