HOME > 2008 > 20 Jul

amazonからbk1へ移行

10年以上愛用したが、そろそろダメになりつつあるのか

 amazon.co.jpで本を買うのをそろそろやめて、bk1に移行しつつある。amazon自体は拡大しつつあるし、購入や商品の連携など強力な機能が充実しつつあるのでネット本屋としては今後も第一であり続けるだろう。世界でもそうだろう。それに疑いを持っていない。

 しかし、値引きというかポイントというか、そういうもののがしけている。いや、どの本屋で買っても値引きなんかしないからamazonの問題ではない。しかし、bk1で購入したときのポイントの驚きをしってしまうと、amazonって割高感をもってしまう。1000円かっても10円しか引かない。どんなにヘビーユーザーでも特急便は有料のまま。それって、なんでロイヤリティーを持ち続ける必要があるのかわからない気分だ。

 ぼくは年間70万円くらいアマゾンでモノを買っている。本好きなのだ。バカみたいに買っていると自分でも思っている。しかし、それでもamazonoが優遇してくれることはない。一方、bk1は違う。購入累積額はきちんと評価してくれる。それに、ぼくは本が欲しいだけだから外のものまではあまり必要としないのでbk1のほうが、なんの店だかはっきりしていていいと思っている。ぼくは、本屋が好きなんだ。

 なので今月から徐々にbk1での購入にシフトしている。在庫有り商品ならばアマゾン届く時間は同じ。1日で届く。包装もクロネコヤマトの宅急便でも問題はない。それに、購入アイテムは本だから、どの店で買っても変わらない。それでいてポイントも高い。今は8周年記念のキャンペーン中とうことで、すっごいポイント還元をやっている。1万円の購入などいつものことだから、いきなり1000円くらいポイントがついてうれしい。

 新刊図書を探すとamazonではエントリーすらされていない状態でも、bk1では即納だったりする。品切れだった商品の新装版がでたという情報をもとにamazonで探すとなかったりするが、bk1では即納だったりする。となると、いわゆる普通の本を買うのならばbk1のほうが面倒がないじゃないか。

 しかし、amazonにはマーケットプレースがある。電化製品を買うときにkakaku.comで値段を調査しても、アマゾンで購入するほが送料は面倒まで考えると一番良かったりする。CDやソフトなどちょっと選んで買うのはアマゾンで十分だったりする。こういうところはbk1でははない。

 ようするにbk1はあくまでも「bk1書店」なのだ。一方アマゾンは大型スーパーである。なんか買うのは大型スーパーで十分だし、本もそこで買うけど、bk1ですむならbk1でいいやという気分になる。

 先日、茂木健一郎の講義のなかで自身の新刊を紹介するときにamazonで探したならでてこなかった。bk1で探したら在庫有りだった。そういうシーンをパソコンを使ったプレゼンのなかで体験した。そのとき、茂木健一郎は「アマゾンは最近たるんでいる。やきをいれなきゃいかんな」と言った。そうそう、それもそう思うのだよ、と笑ってしまった。ということは、amazonのヘビーユーザーならばそういうことを感じているということだ。これ、結構やばいんじゃないかなとも思う。

 だからなんだ、という結論はない。これからもアマゾンをつかうし、いつもどおり巡回する本屋にも行く。でもねぇ、なんとなくだが気になったので書き留めてみた。

LinkIcon目次へ || LinkIcon前へ | LinkIcon次へ