Scienza / Foglio

vietatofumare.grazie のblog

どうしてなんだろうか。隅田川を眺めながら清洲橋で考えた。

IMG_2173.JPG

HOME > 2008 > 13 Jun

携帯のブログは何をしたいのだろうか

文章が必要なわけではない、ということか

 秋葉原事件の報道をみたが、そこでは自分の行動を逐一携帯電話からブログに書き込むということをする人がいるのだと知った。ブログは「ログ」だ。行動記録を取るためのもので、言葉通りの使い方をしているのだから問題ないように思える。しかし、そんなものを一体誰が読むのだろうか。
 
 ログの目的はあとで見返すことにある。忘れてしまっても行動を追えるように、そのとき居合わせていない人が行動をトレースできるようにするために記録する。もし自分がもう読まないと思ったのならば、それは他人が読むためのものだ。秋葉原事件の人も他人に読ませるために書いたのだろうけど、それって一体誰なんだろうか。
 
 ブログを立ち上げてみてわかったのだが、普通の人のブログなど読む人はいない。芸能人だとか、若い女の子だとか、学校でも注目される人ならば、行動のログというだけの、本当にそれだけのブログも覗いてくれる人がいるだろう。しかし、普通の人だと、仲の良い友達でもない限り誰がみるのだろうか。友達ならmixiだろう。ひょっとして、問題のブログはmixiか何かなのだろうか?
 
 だれか、とめて欲しいと思っているのは確かで、電話でもしてくれれば止まったんだろう。でも、その人に相当興味がない限りそういうブログは覗かないだろう。そもそも、そういうブログを覗くような人がいるなら、ブログじゃなくて飯でも食いながら話しているのだろう。そもそもが、絶望的な行為ということか。
 
 しかし、最近になってこういう犯罪が増えているという報道を耳にするが、本当にそうなんだろうかと思っていると、ちゃんとこういうページを載せてくれるLinkIconサイトがある。 なるほど、そもそもそういう犯罪は結構あったということだ。高度経済成長に入ったら、おかしな人がへった。そして、その時代が終了したらまた昔のようになった。そういう事なんだろうか? 違うな。通り魔という言葉では同じカテゴリーにくくられるけど、自転車で鼻歌歌いながら逃げていく、というタイプの人が今増えているわけではない。もっと、一杯一杯の状態の人ばかりだ。だから、時代が戻ったというわけでもなさそうだ。
 
 
 もっといいこと書こうと思ったのだけど、ぼくは内田樹さんじゃない。しょうもないことしか思いつかない。

LinkIcon目次へ || LinkIcon前へ | LinkIcon次へ

紅茶を飲んでぼんやりしていると
心に浮かぶ風景

P5252631_2.jpg

 

エレクテイオン
 
イオニア式の柱頭。
これが本物か。
空が青いこと。

すくっと気持ちよく伸びる柱。
一体どんな姿をしていたのか。
職人さんもこの熱い中、
よくつくるよ。
すげぇや。