Scienza / Foglio

vietatofumare.grazie のblog

どうしてなんだろうか。隅田川を眺めながら清洲橋で考えた。

IMG_2173.JPG

HOME > 2008 > 27 Apr

YouTubeはよく考えて続けている

サウンドトラック入れ替えサービス


 このサイトで使う動画はYouTubeにいったんアップロードしてそのリンクを張っている。圧倒的にブラウズするとき高速だから。自宅の回線は未だにADSLなので上りはひどく遅く、このサイトでも画像を多用しているページのダウンリンクはひどく遅い。自分でいうのもなんなのだが、アクセスする気がしないくらい遅くなることがある。そういうページは時間をみて作り替えている。

 YouTubeを動画サーバーとして使うようになってから動画の貼り付けに抵抗がなくなった。動画といっても、コンパクトデジカメの動画機能を使って撮影したものなので、そもそも画質も低いし手ブレもひどいものになる。写真の方が訴える力は大きいのだが、そうはいっても動画にしたいものもあるし、動画でないとわからないものも結構あるので、素材として動画はMUSTである。YouTubeは動画再生サイトではなく、動画共有サイトでもなく、動画サーバーとして使えばいいのである。只でやってくれて、ありがたい。

 始めのうちは動画が再生できて喜んでいたのだが、慣れてくると不満がでてくる。デジカメで撮ったブレぶれの動画に文句いってもいはじまらないのだが、せめて音くらいは何とかならないかと思っていた。BGMを動画に挿入することは難しくない。しかし、音源が問題である。CDからコピーしてきたものではなく、自分で楽器を演奏して録音したものであっても、要するに違法コピーのような存在になってしまうことに変わりがない。これは、一つの障壁である。人が作ったものだからということは理解できるが、なんとかならないものかと思う。

 そう思っていたらYouTubeのサウンドトラック交換機能があることを偶然しった。オフィシャルには紹介されていないのか、ヘルプでも「サウンドトラック」というキーワード検索をしないと方法がわからない。どこかにあるのかもしれないが、にわかユーザであるぼくはその方法でないと探せなかった。このサウンドトラック機能は、アップロードした動画のサウンドトラックをYouTubeが提供するリストの音源に変更してくれるサービスである。現在選択できる曲数は少ないが、それでもいろんな分野の音楽があり、まぁBGMとしてつかうには申し分ない曲が探せる。早速、いくつか探してみてサウンドトラックに交換してみた。

 騒音になってしまっているもともとの音よりも音楽があったほうがきれいな風景が引き立つような気がする。風景にあった音楽を入れるか、音楽そのものが「いい曲」ならば、見続けていて不満は残らないはずだ。
 もっとも、何かを検索しているひとは違うし、オフィスで音を出すのがまずい人も違うかもしれないが、そんなことまで考えなくていいだろう。
 これで堂々と音楽をつけられるようになった。ぼくの気に入っているソフトにPhotoCinemaというものがあり、それは複数の写真に音楽をつけshockwaveファイルにするものだ。ただし、shockwave自身がなぜかintelmacに対応してくれないので、もう使わなくなってしまっている。
 フリーの音楽素材も存在するけど、それでもデータ量が大きいので自宅のサーバーから送信する方法はイライラのもとだろう。いろいろ試したあげくYouTubeに落ち着くことになる。

 それにしても、と思う。彼らは常に進化しようとしている。トップを走っているYouTubeは色々言われるしねたまれるし、犯罪の片棒担ぎになったり、国家情報統制の的になったりしてしまうことがあるかもしれないけど、それでも走り続けている。
 今回のサウンドトラック変更機能などを見ると、彼らの動機はムービーを自由に扱えるようになった暁にはなにかスゴイものが待ち受けているというビジョンがあるのだろうなと感じさせられる。動機がホンモノなんだな。

 変わろうとすることはいいことなのだろうか。今を維持するという発想もよいことだと考えられている。伝統を重んじることに意義はない。
 しかし、社会の状況があまりにも変わる世の中なのだから、自分もそれの合わせて変わっていく必要はあるはずだ。だから、変わること自身が悪いはずはない。それは、伝統を重んじないこととはちがう。
 いや、問題は変わる変わらないにはない。よく考えているかどうかにあるのだろう。よく考えていれば変わった方がいいのか変わらないほうがいいのか、状況によって答えが違ってくるだろう。よく考え続けているかどうか。
 YouTubeについてあれこれ評論するよりも、本気でやってんだな、という開発側の態度がいいな。ぼくも絶えず勉強せんといかんね。誰だってそうなんだろうけど。