HOME > 2007 > Sep 16

嫁さんのことなど

昔の写真を見て、時間が経ったなぁと感じる


IMG_0023.jpg フィレンツェに行った時に撮影した一枚。何気なく撮ったはずだが、意外によいできで今でも気に入っている。素人のデジカメは大抵面白くない写真しかとれないけど、数を撮ると偶然とれる一枚がある。100枚に1枚くらいの割合。とくに勉強したわけでも、長年撮り続けているわけでも、ましては反省会をしているわけでもないのだから仕方がない。

 だったら、偶然を狙うまでだ。確かな勉強法が確率しているわけではないのだから、この方法を撮ることを否定することは実際問題できないだろう。

 過去の写真をつくづく眺めると、そんなに変わっていないような気がするが実際私も奥さんも年齢が上がっていることがわかっておもしろい。女性は嫌がるけど、嫌がったって歳は取る。だったらいいじゃねぇかそんなことを気にしないで。今飯を食べて腹いっぱいになったとしても、半日後は腹が減って、ho fame da morire(死ぬほど腹減った)となる。普通の人はそれに逆らわないでしょ?

 みんなが松田聖子やマイケルジャクソンのように明らかにムダだと分かっているものに抵抗するとは思えないからそんなことをわざわざ言う人はない。しかし、まぁ、そうは言っても皆気にするんだけどね。そしてそれはいくら説得してもムダなことだけど。